うーはーブログ

お酒大好き

映画【湯を沸かすほどの熱い愛】感想 ・考察 ラストはまさに湯を沸かすほどの熱い愛!!

2016年に公開された映画『湯を沸かすほどの熱い愛』

日本アカデミー賞で6部門受賞し、その他国内の映画賞を多数受賞した作品

f:id:uuuhaaa:20200613125139j:image

                        引用:https://movies.yahoo.co.jp

 

映画賞を総なめしたこと納得の素晴らしい映画でした。

キャッチコピーにもなっている「想像もつかない驚きのラスト」

なるほど、確かに想像の斜め上をいくラスト!!

 

-------------------------------------------------------------------------------------

目次

---------------------------------------------------------------------------------------

 

あらすじ

銭湯「幸の湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと家を出てから銭湯は休業状態。母の双葉は、持ち前の明るさと強さでパートをしながら娘を育てていた。

ある日、双葉は余命数ヶ月という宣告を受ける。その日から、死ぬまでにやっておくべきことを決めて、行動し始めるのでした。

 

映画【湯を沸かすほどの熱い愛】感想

1 豪華すぎるキャスト陣

f:id:uuuhaaa:20200613125203j:image

                                     引用:https://eiga.com

 

宮沢りえは強く優しい母、双葉の役を見事に演じきっています。

余命短いにも関わらず、いつ何時も誰に対しても包み込むような愛情を

与えてあげることができる優しさ、強さ。

そんな双葉が「死にたくない」という望みを涙ながらに呟いたシーンでは

切なくてたまらなかったです。

 

オダギリジョーは失踪した双葉の夫役を演じています。

双葉と再会した瞬間からダメ男っぷりが光ります!

その後も期待通りのダメ男っぷりを見せてくれるんですよね。

掴み所のない飄々とした雰囲気、地に足のついていない感じ!!

けど不思議と憎めない、愛すべきダメ男でした。

 

f:id:uuuhaaa:20200708153705j:image

                           引用「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会 

 

杉咲花の映画やドラマは今まで観たことなかったですが

あまりの演技力に終始泣かされっぱなしでした、、、。

ほんとに要所要所で泣かせてくるんです。

一番に印象に残っているシーンが、制服を絵具まみれにされたため

迎えにきた双葉と安澄があえて何気ない会話をするところが

胸に迫るものがありました。

 

2 自分が双葉の立場ならどうするか

f:id:uuuhaaa:20200708153711j:image

                           引用「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会 

 

映画の総評とては泣ける良い映画という感想が多いと思います。

しかし双葉の娘安澄に対する、強く生きてほしいという思いからくる

行動に疑問を感じた人も多いのではないかと思います。

 

まずいじめを受けたことで学校に行くことを拒否した安澄に対して

双葉は「今逃げると、一生逃げることになる」と

けっこう強引に学校へ行かそうとします。

 

自分が安澄だったらこんな行かせ方絶対嫌や。と思いましたが

双葉の安澄に負けずに立ち向かって生きる強さを持ってほしいという

思いも分かります。

でもやっぱり、制服に絵具つけられたり、盗まれたりしても

頑張れっていうのは酷すぎるよな、、、。

 

その後も旅行先で急に実の母親に合わせようとして

嫌がる安澄を車から引きずり降ろして置いてってしまいます、、、。

もう肝っ玉母ちゃんっぷりが半端ないんです。

これも双葉自身が実の母親に捨てられた後も

ずっと母を想っていた経験から

産みの親には会わせた方が良いという考えだったのだと思います。

 

それでも安澄のショックを考えると

普通に考えてやっぱり酷すぎる、、、。

 

この映画では双葉の強さや優しさ、人との繋がりのフォーカスして

描いているので、あまりこの辺りのことを

とやかく考えずに観ることがポイントな気がします。笑

 

でも自分が双葉ならそうしてあげるべきななのか、

安澄ならどうしてほしいのか、と自分なりの

正解を考えながら観ていました。

 

3 生きる力とは

f:id:uuuhaaa:20200708153720j:image

                        引用「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会 

 

夫の一浩は残り短い余命を家族のために生きようとする双葉の姿をみて

夫として、父親としてできることを模索するようになりました。

 

安澄は学校でイジメにあい辛い思いをしながらも

双葉の強さ、優しさに支えられて

なんとか苦しみを乗り越えようと足掻く

生きる強さをみせるようになります。

 

母親に捨てられ孤独に生きていた鮎子は

一緒に過ごすことで家族のあたたかさを知ることができました。

 

人生に希望や目標持てないまま、あてもなく旅をしている拓海は

旅のゴールを与えてくれた双葉の優しさに心を打たれ

適当に時間を潰すような生き方をやめることを決意します。

そして旅が終わると双葉の家族たちのために

銭湯で働き始めるのでした。

 

双葉は残り少ない余命であると知って落ち込みますが

『生きる意味』を見失わないために延命治療しないことを決めます。

双葉にとっての『生きる意味』とは家族と過ごす日々や

家族のために生きることなのだと思います。

 

そして入院して徐々に弱っていく双葉に

一浩たちはピラミッドを見せてあげることで

双葉は初めて生きたいという願いを初めて口にします。

 

登場人物それぞれがつまづきながらも

誰かに優しさをもらうことでに支えられたり、

立ち上がることができています。

 

人の生きる意味や生きる力というものは

人との関わりの中で見出したり、得たりするものであると

改めて感じさせてくれる映画でした。

 

映画【湯を沸かすほどの熱い愛】感想 まとめ

2時間とにかく泣かされっぱなしの映画でした。

ここまで泣かされる映画は久しぶりでした。笑

観終わったあとはスッキリ温かい気持ちになれました。

 

泣くことは体に良いらしいので、皆さんもぜひ観て泣いてください。

 

 泣ける映画もランクインしています!!

mk8100.com

 

明るい気持ちになりたい方へ!! 

mk8100.com