うーはーブログ

お酒大好き

映画【ファウンダー ハンバーガー帝国の秘密】感想 ハンバーガーを食べながら観た方が2倍楽しめる映画

2016年に公開された映画『ファウンダー ハンバーガー帝国の秘密』

誰もが知る、世界最大級のファーストフードチェーン

マクドナルド」を巨大企業にまで創りあげた男

『レイ・クロック』の裏話!!

f:id:uuuhaaa:20200608103504j:image

                                     引用:https://eiga.com

 

世界的に有名になるでの裏話ということでマクドナルド好きとしては

これは観ないと!!と思って観てみると、、、

え、、これ実話?こんなこと映画にしていいの?って正直思ったくらい

包み隠さず裏話を暴露しています。

そして観た人は必ず、マクドナルドのハンバーガーが食べたくなっちゃいます。

私が観たのは夜の21時だったので、その日は我慢して次の日に買いに行くハメになりました、、、。

観るときにハンバーガー準備すると、より楽しく観賞できること間違いなしです!!

 

---------------------------------------------------------------------------------------

目次

 --------------------------------------------------------------------------------------

 

あらすじ

セールスマンとして働くレイ・ロックは、あるきっかけでカルフォルニア南部でマクドナルド兄弟が経営するハンバーガーショップマクドナルド」の存在を知る。ハンバーガー商品の素晴らしさや店のコンセプトを素晴らしく思ったレイは、マクドナルドをフランチャイズ化をさせて欲しいと兄弟を説得する。初めは順調に進んでいたが、徐々にレイとマクドナルド兄弟との間に方向性のズレが出てきてしまい、、、。

 

映画【ファウンダー ハンバーガー帝国の秘密】の感想

1 最後まで救われない「マクドナルド兄弟」

f:id:uuuhaaa:20200608103701j:image

なんといっても本来の創業者であるマクドナルド兄弟が可哀想なんです。

やっと事業に成功して地域密着型のファストフード店として

楽しくやっていたはずなのに、、、

 

レイがいなかったら世界規模のチェーン店にはなっていなくても

アメリカに何十店舗か経営している店くらいにはなっていたような気がします。

 

何より、レイに自分たちの店を案内している様子からし

2人は自分たちが考えた商品や店のシステムに誇りをもっていました。

それを根こそぎ奪われる結果に、、、。

 

しかも最後に結んだ紳士協定も守られることもなく、、、。

 

どこかでどんでん返しくるかなー。と思いながら観ていましたが

事実に基づく映画なので、最後まで報われない2人が切なかったです。

 

2 目標のためには切り捨てることも厭わない冷酷さ

f:id:uuuhaaa:20200608103652j:image

                                     引用:https://eiga.com

 

とにかくマクドナルドを世界中に広めて成功させることを第一とし

そのためには創業者だろうと何だろうと不要なものは切り捨てる

レイのやり方に、観ている最中はずーっとムカムカしちゃいました。

特に兄弟が倒れて入院したところにお見舞いにきた時の

腹立たしさ、、、!

 

でもビジネスマンとしては、レイの仕事の進め方は正しいのだと思います。

ビジネスマンじゃないので詳しいことは分かりませんが

レイの目標は、世界的なチェーン店にすることであり

マクドナルド兄弟とは元々違う方向性であるため

自分の目標を達成するために行動した、と言われれば

それまでですよね。

 

そしてこんなにも世界中の人に愛されるようになったんですから

大大大成功ですよね。

 

でも奥さんに対してもとても酷かったように思いました。

きっと今までのセールスマンとしての人生、失敗が山ほどあったけど

そんなとき支えてくれたのは奥さんだったんじゃないでしょうか、、、。

 

やっと成功したと思ったら、離婚して若くて美しい女性と結婚するなんて、、、。

せめて慰謝料を分捕らないと割りに合わないですよね。

 

3 だけど何故か憎めないレイ・クロック

f:id:uuuhaaa:20200608103717j:image

                                    引用:https://eiga.com

 

劇中でレイにかなりムカムカさせられましたが

何故か憎みきれないキャラクターなんです。

 

考えてみると、「マクドナルド」を本当に素晴らしいと思っているところや

マクドナルド」を世界に広めたいと思い、目標のために邁進してするとこと等

どこまでも自分の欲に素直で、純粋さすら感じるほどです。

 

そういった点が、どこか憎みきれないキャラクター性を作り出し

そんなレイについていきたいと思った人がいるからこそ

ここまでの大企業になったのだと思います。

 

最後の「マクドナルド」を選んだ理由に名前のキャッチーさを挙げてくるところも

あっけらかんとしていて、この人には敵わないって感じが上手く

表現されているワンシーンだと思います。

 

4 最終的にはハンバーガー食べれて良かった

f:id:uuuhaaa:20200608103513j:image

                                     引用:https://eiga.com

 

色んな感想を書きましたが最終的には

、、、マクドナルドのハンバーガーが日本まで広まってくれて良かった。

 

小さい頃に休みの日に食べたハンバーガー、ポテト、マックナゲット

もはや思い出の味の一つとも言えます。

 

レイ・クロックさん、マクドナルドを広めてくれてありがとう。

という気持ちが最後に残りました。

 

映画【ファウンダー ハンバーガー帝国の秘密】感想 まとめ

f:id:uuuhaaa:20200608163941j:image

                                    引用:https://eiga.com

 

大企業になるには、たくさんの人が蹴落とし蹴落とされて

会社が成長していくんだなと、本当に裏側を観た気分でした。

 

海外では、他にも「ソーシャルネットワーク」など

大企業を取り上げた映画がいくつもあるので

日本でもここまで暴露した映画をぜひ造って欲しいなと思いました。

 

 

こちらもある意味、現実的な内容です!!

mk8100.com

 

違うジャンルの映画も楽しみたい方へ!!

mk8100.com